名刺に書きべき内容とは?

 

成功をかけ上がる、シンデレラ名刺クリエイターの坂林彩未です。

 

今日は名刺に書くべき内容についてお話させていただきますね!!

 

 

皆さん、お手元に名刺をお持ちでしたらご準備ください。

 

 

 

 

名刺には、どんな目的があるか覚えていますか?

 

お客様にとっては

売主がどんなビジネスをしていて、

自分にどんなメリットあって、

自分にどんな風に役に立つのか!

 

こちら側にとっては

お客様に何を伝えて、

お客様に何を与えることができるのか!

 

最低限、この2方向から考え、その考えを合致させる必要があります。

 

 

この”考え”をお客様に正確に、明確に、的確に!伝わるものにするためには

 

あなたのビジネスを絞ること

 

そのビジネスのペルソナを考えること

 

セルフプロデュースすること

 

 

この3つを導き出すことが必要です。

 

 

ここで注意すべきことは、

 

点で考えてもうまくいかないのにはワケがある。

 

↑この記事で説明していますので、参考にしてくださいね!!

 

 

 

シンデレラ名刺を制作する際は色々なワークを使いながら

 

あなたのビジネスの価値をグッと引き上げ、

 

導き出します。

 

 

この、導き出した

 

お客様への究極のお約束、や

 

あなたの商品名、や

 

ペルソナに響くキャッチコピー、などを

 

名刺に書いていきます。

 

 

巷では、自分のビジネスを全て書き出しましょう!

 

と、ご提案されている方もいらっしゃるかと思います。

 

私個人の考えとしては、

 

それは、避けた方がいいのではないかな?と思っています。

 

 

なぜなら、個人起業家は、なんでも屋になってはいけないからです。

 

 

それでも色々な仕事をしていきたい!と思われるのであれば

 

 

一つ一つのビジネスを分けて、

 

ビジネスごとに

 

お客様への究極のお約束、や

 

あなたの商品名、や

 

ペルソナに響くキャッチコピー、などを

 

名刺に書けばいいと思います。

 

 

つまり、名刺を何種類か持ち、使い分けることはOK!なのです。

 

 

 

 

なんでも屋になってしまうと、結局何をしている人なのかわかりません。

 

何をしている人かわからない人から、購入しますか?

 

 

こんな時、私がよく例として使うのが、お医者さんの例です。

 

聞いたことある方もいらっしゃるかと思いますが、

 

お付き合いくださいw

 

=========================

 

個人開業医があるとします。

 

お医者さんは一人なのですが、

 

病院の看板には

 

・内科

・外科

・歯科

・眼科

・整形外科

・皮膚科

・産婦人科

 

と、書かれています。

 

あなたは、この病院にかかりたい!と思いますか?

 

=========================

 

ビジネスの内容は違うにしても、

 

個人起業家のなんでも屋は、この例に近いものがあります。

 

なんでもやっていれば、お客様が来てくれるんじゃないか?と思いがちですが、

 

絶対にそんなことはありません。

 

 

お客様に選んでいただくためにも、

 

ビジネスは一つ一つ分けて、一つのビジネスに対して1枚名刺を作るようにしましょう!

 

 

 

名刺に書くべき内容は、

 

お客様への究極のお約束、や

 

あなたの商品名、や

 

ペルソナに響くキャッチコピー、や

 

あなたの情報。となります。

 

 

しっかりブランディングすることによって、

 

名刺だけで、ビジネスを好転させることができます。