営業は「◯◯がするもの」って知ってました?

 

来週、次女が誕生日のため

 

今日は誕生日プレゼントを買うため

 

リニューアルオープンした

 

イオンモール高岡へ行ってきました♡

 

 

次女のものを買う予定が

 

長女の服と靴。

 

私の服。

 

買っちゃいましたw

 

 

季節が変わると、欲しいものが増えちゃって

 

困りますw

 

 

さて、本題です。 

 

売れる名刺プロデューサーの坂林彩未です♪

 

セミナーでお客様からこんなお話を聞きました。

 

 

個人でビジネスしてるので営業回りも結構やってます。」

 

職業柄、営業って絶対必要!!って思われている方も多いのですが、

 

今日は、私なりの個人起業家としての

 

”営業”についての見解をお話しますね!!

 

 

そもそも営業とは??

 

Wikipediaによると、

 

人の行為としての営業は、

 

営利(通常の意味としては利潤の獲得と言い換えられる)

 

を目的として業務を行うことをいう。

 

と、記載がありました。

 

 

おー。こわっ。

 

というのが、私の感想ですw

 

 

営業って、営利目的なんですよね。

 

ってことは、こーゆーことです。

 

 

全く知らない人が突然家にやってきて

 

「付き合ってください!」と言われた。

 

 

これです。これ。

 

怖くないですか??

 

 

いやいや、私はアポ取ってから行きますよ!

 

って方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

それだと、これです。

 

 

全く知らない人から突然電話がかかってきて

 

「今度デートしよう!」と言われた。

 

 

うわぁー。こわっ!!

 

 

どうです?

 

やってませんか??ww

 

 

 

個人起業家って、企業や会社とは違います。

 

私も、会社員だった頃は、営業、してましたよ!

 

(私の以前の仕事は、家を売る仕事でした)

 

会社員だと、後ろに「企業・会社」という後ろ盾があるので

 

よっぽどなことがない限り、

 

話を聞いてもらうことができます。

 

 

私は、地元の企業の人だからって理由だけで

 

家に上げていただき、お茶やお菓子、お土産までいただいたことがありますw

 

 

 

例えば、宅急便の方が、突然ピンポン押して

 

家に荷物を持ってきたとしても

 

不審には思いませんよね?

 

 

これは、「企業・会社」というネームバリューがあるからです。

 

 

逆になんの後ろ盾もない個人起業家

 

どんなビジネスをしているのか

 

どんな商品を取り扱っているのか

 

どんな人なのか

 

相手に知ってもらうことをせず

 

これをやってしまうと、

 

お客様はどう思うでしょうか??

 

 

正直、やばい人ですw

 

 

営業は、企業・会社がするものです。

 

もしくは、名の知れた個人起業家であれば可な場合もありますよ。

 

 

セミナー参加された方の半数くらいは

 

この個人起業家の落とし穴である

 

「営業」に熱心だったので、

 

営業はしちゃダメーーーー!!

 

って言いました。

 

 

でも、営業しなきゃ、買ってもらえないじゃない!!

 

って、思いました??

 

 

それは、個人起業家がやるべきビジネスの方法を間違えています!!

 

個人起業家は、もっと違う戦略を強かに練るべきです。

 

 

では、どうしたらいいのか??

 

また次回お話したいと思います♡