個人起業家が陥るもう一個の罠!

だいたいの方が陥っている、個人起業家の罠。

 

 

営業編についてはこの2部作をご覧ください!

 

営業は「〇〇がするもの」って知ってました? ←傑作ですw

 

個人起業家は”営業”せずに〇〇するべし!

 

※文字をクリックするとリンクに飛びます!

 

 

”営業”以外にも罠があります。

 

それは。。。

 

起業塾や勉強会へ行って、

 

表面上のノウハウやテクニックだけを

 

仕入れてきていること!!!!

 

 

これは、わかりやすく言うと、

 

大坂なおみ選手が使っているテニスラケットを使えば

 

私もテニスがメキメキ上達する!!

 

と、思っている。

 

とか、

 

イチロー選手が使っているバットを振れば

 

めっちゃヒットを連発できる!!

 

と、思っているのと一緒。

 

 

実際はどうでしょうか??

 

 

違いますよね。

 

その選手が使っているものだからと言って

 

あなたがそれを使えば

 

世界一になれると言うわけではありません。

 

 

これが、ノウハウやテクニックだけを仕入れている状態。

 

 

このラケットやバットを使って、

 

大坂選手やイチロー選手のようになるためには

 

どうなりたいのか目的や目標設定をして

 

そのためにどんなこと

 

いつまでにどれくらいの達成率を目指すのか?

 

と言った、全体的なスケジュールを出すことから

 

始めなければいけません。

 

 

少し話が変わりますが、この記事に関連するお話なので

 

ぜひ読み進めてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は中学、高校と陸上部だったんですが、

 

昨日まで開催されていた、世界陸上を見ていて

 

陸上の短距離種目も、やっとここまできた!!

 

って思いながら見ていました。

 

私が陸上競技にハマったのは

 

今から22年前。1997年のアテネでの世界陸上。

 

この頃の短距離界って、準決勝に残るのもやっとでした。

 

特にリレーは、世界よりも2秒近く差をつけられていたんです。

 

その後、日本は、日本らしさでリレーを飛躍的に

 

「お家芸」と呼ばせるまでに成長させたのです。

 

「お家芸」と呼ばれるようになったのは

 

アンダーハンドパス。

 

このパスの方法は日本が第一人者です。

 

一人一人の速さで競うより、

 

巧みなバトンパス世界との差を縮めることにしたのです。

 

走る姿勢に近い形で、無理のないアンダーハンドパスは

 

難易度の高いパス方法。

 

ゆえに、小柄で器用な日本人はこのパスワークで

 

今回の大会も日本新、アジア新の記録を出しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さて、私の個人的に好きなスポーツ、陸上について

 

お話ししたわけですが、

 

ここに個人起業家にとって、すごく重要

 

ヒントが隠されています。

 

 

それは何か??

 

 

わかりましたか??

 

 

ちょっと長くなってしまったので、

 

答え合わせは明日しようと思います!!

 

どんなことか、じっくり考えてみてくださいね!!